2020-07

経営戦略

赤字の喫茶店が儲かる看板メニュー「たまごサンド」を作れた理由

昭和感のある喫茶店やコンビニなどで「たまごサンド」が幅広い世代に人気の理由はなんでだと思いますか? それは「安心感があるから」です。 たまごサンドは、ほとんどの人が子供の頃から食べて育ってきた身近な味で、食べる前から味の想像が...
2021.03.05
運営テクニック

儲かる飲食店のメニュー価格設定|高くても売れる4つのテクニック

儲かる店になるためには、安売りをやめて高く売らなくてはいけません。 ポイントは客視点になることで「どうすれば高く買ってもらえるか?」を意識した4つの値段設定の実例テクニックを紹介します。 商品の値段を決める担当の人は必見です。
2021.03.01
売上実績公開

インスタ映えを狙った失敗メニューの実績公開「金魚のクリームソーダ」

飲食店の集客手段として、インスタ映えするメニューを作り、撮影・拡散してもらう方法は今でも効果があります。 「インスタ映え」が流行語大賞になった2017年、夏メニュー「金魚のクリームソーダ」を作りましたが、残念ながらバズりませんでした。
2021.02.26
飲食店コンサルティング

【飲食店の経営戦略】赤字カフェを立て直した2枚看板メニュー戦略

飲食店経営では戦略をあると狙いを絞った施策をで成功確率がアップします。 負債7億円の赤字カフェの立て直しでは、2つのメニューを開発する「2枚看板メニュー戦略」を使っていました。 戦略の具体的な中身を解説しているので参考にしてください。
2021.02.08
運営テクニック

【価格高騰】野菜サラダをやめると赤字が減り利益が増えた4つの理由

天気が悪い日が続くと野菜の価格が高騰するので、野菜サラダがある飲食店の経営者は頭を悩ませます。 しかし、野菜メニューのせいで赤字になるのは価格高騰だけが原因ではありません。 赤字になる理由と野菜サラダの販売廃止で利益が増える理由を解説します。
2020.12.03
運営テクニック

飲食店の原価率を下げるテクニック「おすすめ力」【愛想のいい人必見】

原価率を下げる方法は原価計算や在庫管理や廃棄ロスをなくす以外にも方法があります。 愛想のいいコミュニケーション力が高い人に向いている「おすすめ力」を使うと、お店の売りたいメニューを買ってもらえるなど原価率と利益率が良くなる理由を解説します。
2020.11.21
ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「ソフトクリームメーカーがある」

観光地や高速道路のサービスエリアでご当地のフルーツや牧場の牛乳を使ったソフトクリームを見かけると、イベント感もあるので行列していても食べたくなりますよね? 行列するくらいソフトクリームがたくさん売れている店は機械(ソフトクリームメー...
2020.11.16
売上実績公開

閉店寸前のカフェを再建したウインナーコーヒーの売上と原価率を公開

業績を立て直すにはどんなメニューにすれば良いか悩んでいませんか? 成功の鍵はメニューの「魅力」と「原価率」です。 赤字店から利益1100万円の繁盛店になったカフェで販売した「ウインナーコーヒー」のリニューアル前と後の実際の数字を公開します。
2020.11.15
ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「生ビールのサーバーがある」カフェの原価率が上がった理由

居酒屋やレストランではない業種なのに生ビールを売っているのを見かけたことはありませんか? 日本では大人気の生ビールですが、経営的には赤字になりやすいクセモノです。 生ビールサーバーがダメな理由と解決策を解説しているので当てはまる店は必見です。
2020.11.15
ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「店がいらないモノであふれている」整理整頓が大切な理由【カフェ】

経営者が共感できるあるあるネタ。 ダメな飲食店は、備品や食材が客席周辺にまであふれて置かれているのでお客に丸見えです。 つぶれる店に共通にする「整理整頓ができない」が重要な理由をカフェ経営者が実例をまじえて解説します。
2020.11.08
タイトルとURLをコピーしました