飲食店経営

【プロ経営者が伝授】業績の悪い飲食店の再建で最初にやることはコレだけ!

売上も利益も下がり、苦しい経営状況から抜け出したいと思ったとき、まずは何をすれば良いと思いますか? それは「今までと違うことをやる」たったコレだけです。 ようするに「ダメな施策をすぐにやめて、効果的な施策をサッとやること」の解説をします。
飲食店経営

バターコーヒーで競合カフェと差別化した方法と売上を公開

近隣の競合する店と同じような商品ラインナップになっていませんか? お客に選んでもらってわざわざ来店してもらうのに有効な「差別化商品」について解説します。 ダイエットで話題の「シリコンバレー式のバターコーヒー」で集客して売上がアップしました。
飲食店経営

【プロ経営者の再建手法】 潰れそうな赤字飲食店を立て直した4つのステップ

もし、あなたが潰れかけたカフェの立て直しを任された場合「新メニューを作って業績回復」という発想になっていませんか? 赤字飲食店の立て直しでは、いきなり売上アップを目指すと失敗します。 実際に経営の再建に成功した4つのステップを解説します。
ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「トイレがくさい」トイレを見れば店のレベルがわかる!?

もし店の経営改善を依頼されて現地調査しようとしたら時間が3分しかない場合、客用トイレをチェックをします。 トイレには「お客に対するの姿勢」「清潔清掃のレベル」「従業員の教育レベル」など、店の情報が凝縮されているので効率的にチェックできます。
飲食店経営

【飲食店の計数管理】時間別売上をEXCELで分析すると施策の成功確率アップ!?

営業時間中の1時間ごとの売上データを分析したことはありますか? 時間別売上データがあると、「モーニング」「ランチ」「カフェタイム」「深夜」など、時間帯ごとに区切った売上状況がわかるようになり、売上を増やす施策の成功率を格段にアップさ...
飲食店経営

インスタ映えを本気で狙った失敗メニューの実績公開「ぎっしりいちごのクレープ」

2017年は「チョコミントブーム」の波にしっかり乗ることができ、インスタグラム経由の集客にも成功できたので、2018年も「いちごスイーツブーム」に乗り遅れないために作ったのが「ぎっしりいちごのクレープ」です。 見た目のインパクト重視...
飲食店経営

インスタ映え狙いの失敗メニューの実績公開「冷凍レモンスカッシュ」

インスタ映えを狙って失敗しましたが売上もイマイチで、「冷凍レモンのスカッシュ」は”読み”がハズれたメニューでした。 ■販売実績(2018年9月)販売数:67個(1日平均2.2個)売上:45,560円 …と言っても、この商品に店...
ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「ビール会社の販促ポスターを貼っている」

個人経営の町中華や居酒屋に行くと、店内にビール会社の販売促進ポスターが貼られているのを見かけることがあります。 ポスターを貼っている理由には「壁の汚れを隠したい」「内装にこだわりがない」「新商品のメニューの販売促進したい」などがあり...
飲食店経営

潰れかけの赤字カフェで「値上げ」したら原価率が下がって利益が出て儲かったワケ

近くの競合店を意識して安売りしている店は、「値上げをしたら、常連客が来なくなって売上が減るだろうな~」と不安になり、儲かっていないのに、何も手を打てずに時だけが過ぎています。 そんなお店に言わせていただきたい。 「そのまま続け...
飲食店経営

コメダ珈琲店式メニューで赤字カフェの原価率が下がったワケ

赤字の飲食店の原価率を下げることでを黒字経営になった方法を知りたいですか? メニューをコメダ珈琲店を参考に大幅リニューアルした結果、原価率を35%から25%に下げることができました。 原価率を劇的に下げるテクニックを知りたい人は記事をご覧ください。
飲食店経営

カフェの看板メニュー開発大作戦「最終話 ガレット死す!」

原価率を下げる&売上を増やす戦略のために「ガレット」を販売して、原価率は-35%→25%に下がり、利益が出て黒字化。 しかし、看板メニュー争いで「たまごサンド」に敗れ、ガレットは販売廃止になりました。彼が生きていた証である売上実績を公開。
タイトルとURLをコピーしました