飲食店経営

飲食店経営

インスタ映えを本気で狙った失敗メニューの実績公開「ぎっしりいちごのクレープ」

2017年は「チョコミントブーム」の波にしっかり乗ることができ、インスタグラム経由の集客にも成功できたので、2018年も「いちごスイーツブーム」に乗り遅れないために作ったのが「ぎっしりいちごのクレープ」です。 見た目のインパクト重視...
飲食店経営

インスタ映え狙いの失敗メニューの実績公開「冷凍レモンスカッシュ」

インスタ映えを狙って失敗しましたが売上もイマイチで、「冷凍レモンのスカッシュ」は”読み”がハズれたメニューでした。 ■販売実績(2018年9月)販売数:67個(1日平均2.2個)売上:45,560円 …と言っても、この商品に店...
飲食店経営

潰れかけの赤字カフェで「値上げ」したら原価率が下がって利益が出て儲かったワケ

近くの競合店を意識して安売りしている店は、「値上げをしたら、常連客が来なくなって売上が減るだろうな~」と不安になり、儲かっていないのに、何も手を打てずに時だけが過ぎています。 そんなお店に言わせていただきたい。 「そのまま続け...
飲食店経営

コメダ珈琲店式メニューで赤字カフェの原価率が下がったワケ

飲食店が「つぶれかる」か「儲かる」かは『原価率』で決まると言っても過言ではないくらい重要な指標です。 私が立て直した負債7億円のつぶれかけカフェも、再建前は原価率が35%と高く、黒字化するには大きく下げる必要がありました。 再...
飲食店経営

カフェの看板メニュー開発大作戦「最終話 ガレット死す!」

原価率を下げる&売上を増やす戦略のために「ガレット」を販売して、原価率は-35%→25%に下がり、利益が出て黒字化。 しかし、看板メニュー争いで「たまごサンド」に敗れ、ガレットは販売廃止になりました。彼が生きていた証である売上実績を公開。
飲食店経営

赤字カフェを黒字化できた「2枚看板メニュー戦略」ガレット&たまごサンド

「2枚看板メニュー戦略」とは、異なる2つのターゲット向けに、それぞれの役割を持たせた2つの商品で集客する戦略です。 私が立て直した赤字カフェでは「新しいモノ好きな人」と「保守的な人」をターゲットにした看板メニューを作って集客を行いました。
飲食店経営

【飲食店の計数管理】数字だけしか見ていないと現場にだまされる?

堅実な経営には「数字を読み取る」ことが必須の能力です。 しかし、現場に行って「どのように計測されたのか?」を確認することなく、事務所でふんぞり返って数字だけを見ていると、操作されたり、間違って計測された数字にだまされてしまい、トラブ...
飲食店経営

赤字の喫茶店が儲かる看板メニュー「たまごサンド」を作れた理由

昭和感のある喫茶店やコンビニなどで「たまごサンド」が幅広い世代に人気の理由はなんでだと思いますか? それは「安心感があるから」です。 たまごサンドは、ほとんどの人が子供の頃から食べて育ってきた身近な味で、食べる前から味の想像が...
飲食店経営

インスタ映えを狙った失敗メニューの実績公開「金魚のクリームソーダ」

飲食店の集客手段として、インスタ映えするメニューを作り、撮影・拡散してもらう方法は今でも効果があります。 「インスタ映え」が流行語大賞になった2017年、夏メニュー「金魚のクリームソーダ」を作りましたが、残念ながらバズりませんでした。
飲食店経営

カフェがグルメ情報サイトに有料掲載しないのはナゼ?

グルメサイトは客が無料で、店が掲載料を支払っていますが、実際にはお客が掲載料を払っているのを知っていますか? そのカラクリは店が「原価率を下げる」「販売価格を上げる」ことでお客に負担させていますが、客単価の低いカフェではそれが難しいのです。
タイトルとURLをコピーしました