ダメな飲食店・カフェのあるあるネタ

ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「原価をケチりすぎ」潰れかけたカフェのガレット

利益を出すために原価率を抑えることは重要ですが、原価率のために食材の分量を減らしたメニューを食べると、わびしい気持ちになりますよね。 生ハムのガレットは生ハムのかけらが0.5枚しかない、つぶれかけカフェで実際に売っていたガッカリメニューです
2020.10.12
ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「フリーWi-Fi を導入する」儲からない店がやってしまう理由【カフェ】

業績が悪く、何をやってもうまくいかない店は、他の店がやっているからという発想で「フリーWi-Fi」を導入しがちです。 フリーWi-Fiのポスターを店頭に貼って告知しても、売上や来店客数のアップにつながらず、業績回復することはありません。
2020.10.12
ダメ飲食店あるある

ダメ飲食店あるある「メニューが多すぎる」店の自己満足が迷惑な理由【カフェ】

メニュー数がやたら多い店をたまに見かけますよね? 一見すると「お客に親切ないい店」だと誤解されていますがが、経営視点では店側だけでなく、客側にもデメリットしかありません。 メニューが多いダメな店について解説しているのでご覧ください。
2020.10.12
タイトルとURLをコピーしました